結婚式・結婚式場の比較口コミサイト【セレ婚】

投稿日 / 投稿者: セレ婚運営/ カテゴリー ウェディングニュース/ コメントしてみませんか?

 輝かしいノーベル賞など世界の認める証しが次々と発表されています。
 
 世界において、その光景は進化の絶えない道すじをになっていることにちがいありません。心より敬意を表します。
 
 一方、日本のモノ作りは、世界を制覇していると言っても過言でないほどノーベル賞ものと思われます。さて日本が着々と進めてきた画期的なモノ作りは、いつの時代から伝わってきたのでしょうか。
 
 私が子どものころに、「上等舶来」という言葉がありました。この言葉は日本製より海外製(主にアメリカ製)が優れているというほめ言葉でした。特に家電製品は、アメリカ製が高級品で性能が良かったこと、日本製は故障ばかりして、安いだけですぐにダメになるイメージがありました。現在の日本のモノ作りが認められたのは、ある統計学者でコンサルタント、あるいは博士でもある人が存在したからだといわれています。

参照元サイトで記事を読む:http://www.hoteresonline.com/articles/2993

口コミを投稿する